かた育とは?

「かた育」とは・・・

現代の生活において、「食育」は「広い視野から食に関する教育をすること」 

とされ広く普及しているのに対し、

衣食住のひとつの分野である「住まう」に関する教育は不十分です。

 

高校の家庭科の教科書では、全体のバランスがおおむね

衣=10~20% 食=70~80% 住=0~10%以下 という現状。

 

その結果、家庭内や職場で整理・整とん・収納がうまくいっていない現状が見受けられます。

 

急速に産業が発展し、モノがあふれる世の中で、高等教育を受けた大人ですら増え続けるモノにどう対処していいか分からず、かたづけられないのは、整理・収納を論理立てて学んでこなかったことも一因と言えるのではないでしょうか。

 

その現状を解決する学びの場や情報を提供すること、講演などを通して啓蒙活動をすることを、生涯学習としての「かた育」と位置づけております。

 

★「かた育」とは、日本ではじめて 

 おかたづけプレゼンター カール友波が提唱・提案して いる言葉と概念です。

 

 義務教育の学校を始めとする保育園・幼稚園、小中学校、高校、大学、各種専門学校、学習塾などの教育機関、行政、企業での講演活動・ワークショップ等を通じて、生涯学習としての「かた育」をご提供いたします。

 

 

「かた育」対象者と主な内容

学校、教育機関、公的機関、企業、市民団体、個人主催のグループ等に対し

出張セミナー、講演のご依頼を受付けております。 

 

講師料はお問合わせください。

 

一般向け・企業向け おかたづけ教育

 

 「整理収納アドバイザー2級認定講座」

 企業研修、学校単位での研修承ります。

 受講料はNPO法人ハウスキーピング協会の規定に準じます。

 2014年4月より 消費税増税に伴い、受講料 23,100円/人となります。

 研修等で多人数の場合、応相談。

 

各対象者別 講座のテーマ例

 

お子様、親子対象

「(年齢別)子供部屋のおかたづけ」

「(1/2成人式) おかたづけで自立しよう」(小学校高学年対象)

 

学生対象

「勉強に集中できるデスクを創ろう」(中高大学生、学習塾対象) 等。

 

教員対象

「教室でできる整理・家庭でできない整理の理論と対策」

 

シルバー対象

生涯学習としてのおかたづけをご年配の方にもわかりやすくお伝えします。

 

「ストレスをなるべく少なく持ちモノ減らそう!!

          もったいない世代のワクワク生前整理」 

「捨てずに減らす裏ワザ講座」  等。

 

社会人対象

生涯教育として幅広い年代、職業に役立つ講演、セミナー、ワークショップをご提供。

例)

「従業員の働きやすさと定着率があがる バックヤードの整理収納」

「おかたづけで町おこし!! 商店街活性化プラン作りワークショップ」 等。